« 「スター☆ガール」 | トップページ | 秘密 »

「大あらし」

「大あらし」(デイビッド・ウィーズナー/作 江國香織/訳 BL出版)

 勢力の大きな台風が通りましたね。みなさんのお住まいの地域はいかがでしたか?台風の過ぎた翌朝、道にはいろんな落とし物がありますね。うちでは、庭木の細いのが何本か折れて、落ちていました。子どもの時、台風って、なんだか一大イベントの様な気がして、ちょっとワクワク気分でした。レポーターのお姉さんみたいに、「今、私は、防波堤の側に立っています~、スゴイ風で…もう…立って…いられません。あ``~!!」あれをいっぺんやってみたかった。(今では、”何もわざわざあんなところに立たんでもよろしいがな!”とツッコミを入れてますけど)

                   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 台風一過の空。複雑な形の雲。絵の具から出したような「青」の空。それらを眺めつつ思い出した1冊が、ディビッド・ウィーズナーの「大あらし」

 文は必要ないほど「絵が語る」1冊。家族みんなで体を寄せ合って過ごした「大あらし」の次の日、庭を見ると、大きな木が倒れていました。その木にまたがって、デビッド&ジョージの兄弟は、空想の冒険旅行へ出かけます。ジャングル、大海原、宇宙へと。男子の方がこの本の魅力にひかれることと思います。(もちろん、昔少年だった大人の男の方も)

 わざと狭苦しいところへ入りたがる子どもの心情を、作者はよく捉えていて、大人は自分の子ども時代を思い出させてくれます。子どもは「いいなぁ、やってみたいよ」と羨望の眼差しをむけるでしょう。大木の隙間に入り込んで、紙パックの牛乳を飲むシーンがありますが、私の特に好きな場面です。

 夢中になって楽しんだ時間もつかの間。翌日には大木は片づけられてしまいます。なんて落胆の表情。この気持ち、子ども時代だけのものに違いありません。忘れていた気持ちに出会いたい方、ぜひ、読んでみてください。

|

« 「スター☆ガール」 | トップページ | 秘密 »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

「LAST」薦めるだけのことはあるねえ。 こういう、エンターテイメントな遊び心満載なのに、直木賞なんだー。ちょっと、イメージが違ったなあ。 本当ならそこに至るまでがドラマなはずなのに、水戸黄門の最後の15分だけを持ってきた感じだね。
 おいらはねえ、テレクラの相手が最後に選んじゃったってえやつが、ぞくっときたねえ。  テレクラはしたことないけど(ほんとだよ。) チャットライヴってえのは、窓口だけ無料でのぞけるとこがあって、
「うひゃあ、なんだー、このせかいは!?」  
て、ね。不思議な感覚に襲われる画面が、見れるんだよ。
あの向こうに、いろんな人生があるんだよなあ・・・。 

投稿: mikapapa | 2005年8月26日 (金) 20:41

 きゃ~!!mikapapaさん、読んでくれたのね、ありがとう=☆
 テレクラのやつって「LAST CALL」だっけか。(今、文庫が友だちに貸しちゃって手元にない)うんうん、それもすごい引き込まれました。ホームレスのやつもおもしろかった。通帳の出し子の話もおもしろかった。町で金融会社の看板持っている人をつい見てしまうようになってません?

 フィクションなのに、つい本当のことじゃないかって思っちゃうところは、あまりにも自分の生活とかけ離れているからだよなぁ。住宅ローンに追われる主婦が、例のバイトの帰りに、娘とハーゲンダッツのアイスを食べる場面がありますよね。なんかすご~くわかるような。

投稿: harry | 2005年8月26日 (金) 21:08

なんか、普段の生活の中で、ふと寄り道をすると、非日常に続く扉があって、足の踏み入れ方しだいではそんな人生にもつながりえるものを覗き見させてくれる物語。 今の自分の人生を省みて、平凡ながらも幸せなのかもしれないって、思わせてくれたり、
(逆に、こんな刺激が欲しいって思ったらやばい^^;)
そんな話だよね。

投稿: mikapapa | 2005年8月26日 (金) 23:19

ほんと、ほんと。いつも歩く道を、工事していたから回り道をして、「あぁ、こんなところにも道があるんだ。」なんて、この程度でも、えらく新鮮に感じてしまうことない?

運命に魅入られると、ほんのわずかな出来事でも(出会いとか、好奇心からちょっとのぞいてしまったりすることとか)それは人生さえも変えてしまうことがあるんじゃないか。後から振り返ってみると、パズルのピースがはまったように、そこに必要だったものとして考えられるんだろうけど。

こうなると、運命に抗うなんて無駄なのかな。抗って運命をねじまげて事態を変えたとしても、結局それも「流れ」だったりするんじゃないか。う~ん、テレサ・テン「時の流れに身をまかせぇ~♪」を歌いたくなりました。こんな物思いをさせるなんて、石田衣良、罪なヤツだよぉ。

投稿: harry | 2005年8月27日 (土) 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/5644505

この記事へのトラックバック一覧です: 「大あらし」:

« 「スター☆ガール」 | トップページ | 秘密 »