« 会いたかった | トップページ | ようこそ地上へ »

浜崎あゆみと百人一首

浜崎あゆみの歌を聞いていて、あれっ、どこかで似たようなものに最近…と。

「Becouse of you」の中に出てくる歌詞。「君を知らなかった頃に 戻れなくなっていた」

ここんところって「あひ見ての 後の心にくらぶれば 昔は物を 思はざりけり」(権中納言敦忠)になんとなく似てませんか? 無理があるかな。 (^^;)

 みなさん(男の方)、クールビズしてます?今日、市役所に行ったら、みんなそうでした。おととい、浜松町へ行ったけど、ランチにでてくる人たちのほとんどは、ノーネクタイ。ネームプレートを首から下げているから、ネクタイがなくてもあんまり違和感ないのかもしれません。襟首のあたりがヨレヨレしてなくて、シャキッとしててほしいなと思います。

                   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「福音の少年」読み始めました。おぉ、あさのワールド全開だ~。「NO6」での”ネズミ”は優美な手の動きで、私の心に食い込んできましたが、今回は”声”。あさのさんの描く少年って、そのへんにはちょっといないよなぁ。…というか、私が巡り会ってないだけなんだけど。

|

« 会いたかった | トップページ | ようこそ地上へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

クール・ビズ、わが市でもやってます、やってます。半そでの開襟シャツの制服着てますよう。男も女も。
 図書館は、年中クールビズ?私の服装も、ジーパンに開襟シャツ←制服じゃないけど。(またはTシャツ)に黒のサロンエプロン(美容師の方がよく使ってはるもの)にスニーカーですからねえ。司書は体力勝負の汚れ仕事が多いから、こんな格好なんですが・・・。うーん、みなさんの市の図書館の職員さんてどんな服装なんだろう????もっとスタイリッシュな格好してみたいんだけどなあ。(笑い)

あさのあつこワールドって、一体・・?なんだか禁断の箱をあけるパンドラの気分になってきました。

投稿: どんぶらこっこ | 2005年8月 4日 (木) 21:05

昨日、とある営業の方と打ち合わせをしていて、その人がネクタイをしていたものだから、「クールビズは?」と聞きました。「いや~、うちの会社では全然ですよ。ネクタイした方がシャキッっとしますし」

「営業」だと仕方ないかもね。見た目けっこう重要だし。

どんぶらさんの司書さんスタイルの話を聞いて、思い出したことがありました。私も一年間図書館に勤めてたんですよ。電話会社(N○○)の企業内図書館です。当時は日比谷にありました。官報から始まり、すっごい量の郵便物と格闘したっけなぁ。他の部署の女の人たちは、きれ~いにオシャレしていましたが、やっぱり仕事柄、私は汚れてもいい服でしたっけ。手は真っ黒。歩き回るからスニーカーだし。”ニューヨーカーみたい~”なんて誰も言ってくれましぇ~ん。

どんぶらさん、パンドラの箱、開けてみんさい。

投稿: harry | 2005年8月 5日 (金) 07:12

harryさん、おはようございます。さわやかな夏のお部屋 に模様替えですね。・・・涼をいただきました。・・。

この前、本のご紹介をいただいて。
ごめんなさい。まだなんです。
こちらに来ると、紹介なさっている本、すべてを「読みた~~~い!!。」でも、現実は、そうもいかなくて。
大人って、時間があるようでなかなか無いのですよね。
ああ、でも、こんなグチを言ってるうちは、まだまだ、本好きおばさんを自称できないな。

    心底☆よみた~~~い!(^。^)

投稿: クリクター | 2005年8月 5日 (金) 08:56

クリクターさん、いらっしゃいませ!
本読むの、時間かかりますもんね。私も「つん読」が多いです。昨日から、下の子相手に壮大な?読みきかせを始めました。(続くかなぁ~、でも、夏休みだもんね。ちょっとくらい遅く寝てもいいやね)もうすぐ映画公開となるナルニア国物語の「ライオンと魔女」。私はすでに知っている本ですが、声に出して読んでみて改めて「すっげ~、この本」とびっくりしました。さすが、ファンタジーの基本と言われているものだ~。すべての文が「想像してくれ!」と叫ばんばかりです。もっと隅々まで味わうために、読みきかせ頑張るぞ、睡魔が来ても!と意気盛んなharryです。ところで、クリクターさん自身の好きな本のジャンルは?

投稿: harry | 2005年8月 6日 (土) 05:24

こんにちは。こちらのドアを開けると、部屋の温度が2度くらい下がります。さわやか~です。

  harryさん、おたずねありがとうございます。

私が、さっと浮かぶのは、伊藤遊の「鬼の橋」なんです。ここ数年で一番面白かった。ちょっとかわってると、高3の娘が言います。

「ライオンと魔女」ですか。私、読みました。それも40過ぎてから。大人になる前に、もっと、もっといろいろ、読んでおきたかったなあ。「つん読」もできないです~~。

投稿: クリクター | 2005年8月 6日 (土) 16:31

「鬼の橋」おもしろそうですね。
作者の”伊藤遊”さんですが、なんか見覚えあるなぁと思って調べてみたら、「ユウキ」という私の大好きな話の作者でした。「鬼の橋」読んでみますね。ありがとうございました!

投稿: harry | 2005年8月 6日 (土) 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/5296916

この記事へのトラックバック一覧です: 浜崎あゆみと百人一首:

» 見つけたブログ 20050804 [スーツ・ネクタイなんて要らない!ブログ版]
今日も暑さに負けず見つけたブログの紹介! クールビズ (青果流通コンサルタントが語るスーパーの青果売場) http://greenproduce.at.webry.info/200508/article_2.html クール・ビズ(半可通のぼやき) http://deanza.cocolog-nifty.com/20041210/2005/08/post_3295.html Cool Biz(kogのblog日記) http://kog.cocolog-ni... [続きを読む]

受信: 2005年8月 4日 (木) 10:31

» バッテリー   あさのあつこ [ブラウニーの散歩道]
野間児童文芸賞作品だそうである。こういうのに疎いのである。 harryさんがあさのあつこにはまってるらしいので、きょうみをもったのだが、おもしろかった。 だが、私の読み方の視点はおそらくひねくれているのだ。... [続きを読む]

受信: 2005年8月21日 (日) 00:22

« 会いたかった | トップページ | ようこそ地上へ »