« 「西の魔女が死んだ」 | トップページ | 待ち遠しい »

王様の一日

我が家では、年に一度「王様」になれる日があります。それは「誕生日」。うちの家族は、自分の誕生日を、それはそれは心待ちにしています。ちょっと「やかまし村の子どもたち」っぽいかもしれないな。(でもね、ベッドまでココアは運ばれて来ませんよ。)

突拍子もないお願い以外は、けっこう叶っちゃうんです。ま、子どもたちは、うちの経済状況をよく知っていますので、”身分相応”ってところのおねだりです。

誕生日の一番の楽しみは、プレゼント。そしてケーキ。我が家では、「王様」は、ケーキを切る権利を与えられるのです。自分の食べたい分だけ切っていいんですよ。上の子の時は、スゴイ切り方をされましたが、なんてったって「王様」ですから、文句は言いません。

いつまでこんな楽しい誕生日が家族そろっておくれるかな。あと何年かでしょうね。う~ん、ちょっとサビシイ…!

さて、今日は私がケーキを切る番です。うひゃひゃ、フルーツのところをガバッといただくとしましょうか。

|

« 「西の魔女が死んだ」 | トップページ | 待ち遠しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/5479766

この記事へのトラックバック一覧です: 王様の一日:

« 「西の魔女が死んだ」 | トップページ | 待ち遠しい »