« 2学期始動 | トップページ | マッサージチェア »

朝顔

朝顔のおはなし。

       あさがおや つるべとられて もらひみず

おなじみ、加賀の千代女の詠んだ俳句ですね。この句以外に、千代女が詠んだものをご存じですか?

       稲妻の 裾をぬらすや 水の上     行春の 尾やそのままに かきつばた

江戸時代、今の石川県白山市に生まれた千代さん。生家は「表具屋」さんでした。家の中には、いつもきれいな絵や俳句がたくさんあったそうです。小さい頃から、文字を書くことが大好きだった千代さんの初めて詠んだ句は、「初雁や 並べて聞くは 惜しいこと」 友だちと遊んだ帰り、夕暮れの中を、列をなして飛んでいく雁を見て詠んだ句だそうです。この時、千代さん7歳

その後、俳句の勉強を続け、松尾芭蕉のお弟子さんである「各務支考(かがみしこう)」に見いだされ、有名になっていきます。

18歳で結婚するも、旦那さんが早死。家を切り盛りするのに大変だった千代さんでしたが、52歳で出家し、俳句に専念することとなります。出家の際に詠んだ句がイケてますよ。

       髪を結う 手の暇あけて こたつかな

そんな茶目っ気のある千代女のところへ、加賀藩の殿様より、朝鮮からの客人へおみやげ用に千代女の句集を作れとの仰せが。当時、存命中に句集をつくる、ということは極めてまれなことだったそうですね。すごい名誉です。このことで、千代女の名は全国区に。

       月も見て 我はこの世を かしく哉  千代女の最後の句です。

「朝顔」から、千代女のことを知ることが出来ました。きっかけをくれたMさんありがと。

   <その他の句>  蝶々や 何を夢見て 羽づかひ    ころぶ人を 笑ひてころぶ 雪見哉

 

|

« 2学期始動 | トップページ | マッサージチェア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/6152768

この記事へのトラックバック一覧です: 朝顔:

« 2学期始動 | トップページ | マッサージチェア »