« ブックオフ | トップページ | この1年を振り返って »

「どんなかんじかなぁ」

最近、衝撃を受けた絵本 

「どんなかんじかなぁ」(中山千夏・文/和田誠・絵/自由国民社) 

 先日、新宿で行われた「YAブックトーク講習会」で紹介された本の中の1冊です。読み進むうち、「もしかしてこの子は…」とわいた疑問に「やっぱり。そうか」と最後に落ちる。心がぐいと動かされました。「ぐい」って音が聞こえるんじゃないかって思うくらい強く揺さぶられました。

 最初に読んだ時と、2回目に読んだ時の感じ方が、これほど違うのも私の中では初めてでした。読みきかせに使うとき、その辺を注意しないといけないなと思いました。子どもたちにとっては、初めてふれるものなのだから。

 和田誠さんの絵だからいいんです。これでいいんです。中身が深すぎるからね。ぜひ。           

|

« ブックオフ | トップページ | この1年を振り返って »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。あっちこっちでお名前は拝見していましたので嬉しかったのです。私たちは本を紹介するのも仕事ですが見守ること、見届けることも大切ですよね。何時かお目にかかれると嬉しいです。

投稿: 児玉ひろ美 | 2005年12月31日 (土) 02:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/7858405

この記事へのトラックバック一覧です: 「どんなかんじかなぁ」:

« ブックオフ | トップページ | この1年を振り返って »