« 「言い訳」について | トップページ | マイ・ブーム »

ダ・ヴィンチ・コード

今日は一日(ついたち)

近くの映画館が「ファーストデー / 1000円の日」だったので、話題の映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観てきました。

感想 : 原作を読んでから観ましょう。読んでないとわからないことだらけだよ。文庫本で上・中・下の3巻の分量を150分の映画にしたのです。ものすごいスピードであらすじがスクリーンの中を駆けぬけていく…そんな感じがしました。

原作を読んでおくと、「ほほぉ~、あの場面をここにくっつけたのかぁ~~」なんてわかっておもしろいです。また、出てくる暗号の答えを知っている上で観るので、「おいおい、暗号を読み解くのが早すぎるよぉ~。この教授、天才っ!」って、文句の言葉もつい言ってしまう楽しさも味わえます。

盛りだくさんで 「幕の内弁当」のような映画でした。私は登場人物の中で 「サー・リー」が好きですね。それから、シラスの役、よかったなぁ。いい演技をしていたと思いますよ。

                =☆ =☆ =☆

私の入っている”読書会”の今月の課題本が、 「嫌われ松子の一生」(山田宗樹) なんです。がんばって読了して、また映画に行くとしましょう。

|

« 「言い訳」について | トップページ | マイ・ブーム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
先日はブログに足跡を残してくださってありがとうございます。
たくさんの共通点があるようで、親しみが沸きますね。
これから色々おしゃべりをできたらと思います。よろしくお願いします。
「ダ・ヴィンチ・コード」見たいなと思っていました。本は読んだのですが、なかなか難しい内容なのに、映画にしてどんな感じなのか気になります。
「嫌われ松子の一生」も本は読みました。
これも見てみたいです。

投稿: のんちゃん | 2006年6月 5日 (月) 13:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/10348140

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ・コード:

« 「言い訳」について | トップページ | マイ・ブーム »