« 日本沈没 | トップページ | 夏休みの宿題…トホホ »

山田詠美と6年生

「イッキに読める名作選 6年生」(斎藤孝・選 * 講談社)

朝読書用に作られた本ですね。10分くらいで読める短編が12こ入っています。

そのなかになんとエイミーの作品が。

 「Sweet Basil」(山田詠美)

彼女の作品はけっこう読んでいたのですが、「Sweet Basil」は読んだことがありませんでした。

へ~、小学6年生が読んでもヘイキな作品なんてどんなの?

興味本位に読み始めたのですが…。

立ちつくしてしまっていました、本を片手に。

恐ろしいほどの心理描写。胸が苦しくなるほどの。

6年生にわかる?主人公の心のうち。

女子なら、もしかして、もう理解出来るかもしれないね…なんて思いました。

6年生の女子をお持ちの方。娘さんに読ませて、感想を聞いてみてください。

もちろん、あなたの感想もよろしく。

|

« 日本沈没 | トップページ | 夏休みの宿題…トホホ »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

harryさんが紹介してくださったので、図書館で借りて来て読みました。
おっしゃる通り、息苦しくなるような丁寧な心理描写。少年少女たちは、ここまで深く自分を見つめているのだとしたら、すごいですね。圧倒されました。

投稿: yumiha | 2006年9月 7日 (木) 23:15

yumihaさん、こんにちは (^^)/
読んでくださったのですね。うれしいな。
私が6年生の時は、こんな風に「深く」見つめるなんてことはなかったような。中二くらいならあり得るかなぁなんて感じてしまいます。イマドキの6年生はどうなんでしょうね。
少なくとも男子には無理な芸当だと思いました。(うちの2人の息子を見る限りはね)
エイミーの「風味絶佳」が映画になりますね。”sugar&spice”ですよ。ちょっと見てみたいなと思っています。

投稿: harry | 2006年9月 8日 (金) 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/11325061

この記事へのトラックバック一覧です: 山田詠美と6年生:

« 日本沈没 | トップページ | 夏休みの宿題…トホホ »