« 「しってるねん」 おもろいで | トップページ | 「ボヨンボヨンだいおうのおはなし」 ベッドを見ると飛び跳ねたくなるあなたへ »

「バレエ」の絵本~芸術の秋

 トゥシューズ、チュチュ、ティアラ、レース。女の子の憧れです。

芸術の秋ということで、「バレエ」に関する絵本を集めてみました。

    ♪~~~♪~~~♪

「うさぎのくれたバレエシューズ」

(安房直子・文/南塚直子・絵/小峰書店)

“バレエが出てくる絵本”といえばこの1冊。課題図書にもなりました。

月の輝く夜、満開の桜の下で桜色のシューズをはいて踊る女の子が表紙に。

この絵を見ただけで幸せな気持ちになりますよ。乙女チックな女の子ならこの本を胸にギュッと抱きしめて離さないのでは。

バレエを始めて5年も経つのになかなか上手に踊れない女の子が、ウサギの靴屋さんからプレゼントされたトゥシューズのお陰で、花のように風のように軽々と踊れるようになるというお話です。

   *===*===*===*===*

     ☆   ☆   ☆   ☆

         

「おいしそうなバレエ」

(J・マーシャル・文/M・センダック・絵/さくまゆみこ・訳/徳間書店)

「かいじゅうたちのいるところ」を描いたセンダックの絵本です。

腹ぺこな老いぼれオオカミが匂いにつられてたどり着いたのは劇場。

そこで上演されていたのはなんとブタのバレエ団による「白ブタの湖」でした。

ボックス席からどのブタを食べてやろうかと舞台を見回しているうちに、オオカミはいつのまにかバレエの美しさに夢中に。

ついには舞台へ飛び降りて…。

子供よりもむしろ演劇や舞台の好きな大人が読んでニヤッとする内容です。

このオオカミの気持ち、分かる人ってたくさんいるのでは?

絵の中に楽しいおまけがたくさんありますよ。

「クロサワアキラ」の名前もでてきます。どこにあるかって?さがしてごらん。

   *===*===*===*===*

     ☆   ☆   ☆   ☆

「ディディ パリ5001ばんち オペラ座にすむネズミのバレリーナのおはなし

(アンドレ・ダーハン・作/きたやまようこ・訳/講談社)

ダーハンの新作です!! 

パリ・オペラ座のシャンデリアに住むネズミのディディ。バレリーナになりたくてオペラ座の怪人に相談をしました。

「オーディションを受けるのだ。命をかけて…」

なぜ命をかけるのかって?

それはね、ディディの入りたいのは“ネコのバレエ団”だから。

たくさんのネコが見守る中、いよいよオーディションが始まって…。

ダーハンワールド!!虹のような色づかいの背景がストーリーととてもよく合っています。ディディの愛らしいチュチュ姿は必見!

|

« 「しってるねん」 おもろいで | トップページ | 「ボヨンボヨンだいおうのおはなし」 ベッドを見ると飛び跳ねたくなるあなたへ »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
いつも楽しく読ませていただいてます。

バレーと聞いて思い出した本を紹介させてください。
   「バレエをおどりたかった馬」 (福音館書店)
          ハーラル・ストルテンベルグ作

低学年向きの童話です。絵も可愛いの。道に迷ったバレー団を駅まで送ったお礼に見せてもらったバレーにすっかり夢中になった馬が、町に出てバレーを習い始めます。馬の健気さとそれを見守り助けてくれるお年寄り達の前向きさがいいのです。


そうそう、10月のおはなし隊、1台は福岡県を回ります。私達の所にも来ていただけることになり当日を楽しみにしているところです。今回で3回目。今度はお話会も自分達で行います。

投稿: あそびっこ | 2006年10月 8日 (日) 14:06

あそびっこさん、ようこそです。
「バレエをおどりたかった馬」おぼろげながら記憶があります。でも不確かなので図書館でもう一度手にとってみます。
ところで、あそびっこさんが関係してる「ちくほ図書館」さんはICタグを導入してるんですよね。いいなぁ!盗難がグッと減りますよねぇ。ゲートから出ちゃった時はどんな音がするのでしょう。全国でもICタグを導入している図書館さんって少ないですよね。経費がすごくかかりますもんね。でも長い目で見れば管理もラクだし良いことの方が多いんですけどね。公立のものって、どうしていつも予算が少ないんですかね?!特に図書館は「知の中心」なのにね。

投稿: harry | 2006年10月 8日 (日) 22:28

harryさん、おじゃましまあす♪
バレエの絵本って、あるんですねー。
恥ずかしながら・・バレエにあまり興味がないというか、野郎ばっかりの中で腕まくりの毎日なんで、一瞬だけ乙女チックになれました^^
『ディディ パリ5001ばんちオペラ座にすむねずみのバレリーナのはなし』は、読んでみたいです!
いつも、楽しい絵本のご紹介ありがとうございます!!

投稿: わかな | 2006年10月 9日 (月) 18:53

わかなさん、いらっしゃいませ(^^)/
うちも野郎ばかりだから状況は同じですよ。
洗濯物はいつも「おとこ色」ばっかし…。
私がピンクとか着ればいいんですけどね、なんか自分もいつのまにか「おとこ色」を着ているし。
”ディディ”カワイイですよ。奥ゆかしいんだなぁ、とても。抱きしめたくなります。

投稿: harry | 2006年10月 9日 (月) 22:45

こんにちは。
私のブログにも来ていただいてありがとうございます。ICタグは本当にすばらしい管理能力です。1年間で不明になる図書はほんの2、3冊。きちんと調べなおして昨年度は0か1冊だったと聞きました。

投稿: あそびっこ | 2006年10月10日 (火) 17:53

あそびっこさんへ:
すごい…ですね。素晴らしいです。故意ではではなくて、ついうっかり持って出ちゃったという場合にも適応しますものね。ホントにうらやましいです。

投稿: harry | 2006年10月10日 (火) 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/12195811

この記事へのトラックバック一覧です: 「バレエ」の絵本~芸術の秋:

« 「しってるねん」 おもろいで | トップページ | 「ボヨンボヨンだいおうのおはなし」 ベッドを見ると飛び跳ねたくなるあなたへ »