« ブックスタート3回目報告 | トップページ | 人権について考える絵本 HELP!! »

「裁判」の絵本

 もうすぐ日本でも、市民が刑事裁判に参加する「裁判員制度」が始まるそうですね。裁判をモチーフにした絵本を2冊紹介します。

                ※※※

「どうぶつさいばん ライオンのしごと」(武田津実・作/あべ弘士・絵/偕成社)

 舞台はタンザニアの草原。大きな岩を囲んで動物たちが集まっています。

「あのライオンがお母さんを殺したんです。」

ヌーの子供による涙ながらの訴えから裁判は始まりました。

被告人ライオンの弁護士オオミミギツネが立ち上がります。「ライオンは動きのおかしい動物しか狙わないのです。あの日、殺されたヌーに不審な動きはなかったのでしょうか?」

検察、弁護側の証人喚問も行われ、やがて判決の時が。

「ライオンは無罪。しかし…」

いろいろな動物たちの言い分から動物の生態系について学び、考えることができます。

     ***

 作者の武田津さんは獣医さんで映画「こぎつねヘレン」原作者でもあります。

裁判の様子はかなりリアルでハラハラしますよ。

 絵は「あらしのよるに」のあべ弘士さん。一筆でぐぐっと書いた動物の輪郭はとても迫力があります。(でも正確、このうえなし)

あなたが裁判長ならライオンに対しどういう判決を下しますか?(高学年向き)

~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~

「どんぐりと山猫」(宮沢賢治・作/佐藤国男・版画/福武書店)

 宮沢賢治の繊細で風景描写の豊かな世界と、骨太で荒々しい雰囲気の版画が意外なマッチングをみせた1冊。

版画を本職としているわけではなく、好きだから作っているという佐藤氏。本職はなんと大工さんです。

所々に彩色された青色が美しく印象に残ります。

   ***

 一郎のもとへおかしな葉書が届きました。

「あした、めんどなさいばんしますから、おいでんなさい。山ねこ拝」

出かけていった一郎の前に現れたのは立派なひげの山猫とたくさんのどんぐりたち。どんぐりたちは誰がえらいのか、もう3日も裁判をしているというのです。

    

  「あたまのとがっているのがいちばんえらい。」

  「いや、丸いのがえらいのです。」

  「大きいのがいいんだ。」

 山猫は困り果て一郎を呼んだのでした。

一郎の一言で裁判はたった1分半で終結。

どんぐりたちを一瞬で黙らせた言葉って…???

気になる人はどうぞ読んでみてくださいね。

|

« ブックスタート3回目報告 | トップページ | 人権について考える絵本 HELP!! »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

「山ねこ拝」ってのが、なんともかしこまった感じでありながらどっかずれてるのが、子供心にも感じられて口元がゆるんだ記憶があります。
あと、ケストナーの「動物会議」なんていう古典絵本もこのジャンルですかね。

投稿: mikapapa | 2006年10月29日 (日) 22:01

「どんぐりと山猫」は面白いですね。原作の面白さは何物にも代えがたいのですが、お芝居仕立てでもいくつかのパターンで観ました。ストレートプレイ・ミュージカル・朗読劇。どれも力のある劇団で面白かったです。
子ども達が招待を受けて不思議な体験をするというのでは、「雪渡り」も同じ系列でしょうか。これも好きな作品です。
キックキックトントンキックキックトントン‥‥


「動物会議」は娘が保育所のとき、このお話で生活発表会をやりました。懐かしい。

投稿: あそびっこ | 2006年10月30日 (月) 09:11

papaさんへ:
ケストナー。中身忘れちゃってます。読み直さなくちゃ!!!「飛ぶ教室」の新訳が出てますけど、やっぱり「星の王子様」みたいに雰囲気ちがくなっちゃうのかなぁ。
   *****

あそびっこさんへ:
こんばんは!
私も「雪渡り」好きです。
初めて読んだとき、げんとう会に呼ばれる年でよかった~」って思ったっけなぁ。
「シグナルとシグナレス」も好きなんです。
サンタマリア~♪あぁ~♪
今読むと、「ゆーすけ・サンタマリア~」って言いそう。

投稿: harry | 2006年10月30日 (月) 23:05

harryさ~ん。
新聞見ました~。
7周年通算100回おめでとうございます!
コメントも読みました。
私達の立ち上げも同じ年の11月です。
当時は読みきかせなんて流行ってなくて、
色々軌道に乗せるのが大変でしたよね。
よくここまでやってこられたなぁ、と自分の所の活動とダブらせちゃいました。
次は『めざせ!10周年』です!

写真はharryさんではないですよね。

それから。。。。。
実はharryさんにヘルプです!
内容はまた後ほど・・・・・

投稿: まあ | 2006年10月31日 (火) 16:36

まあさん:
まあさんとこと同じ年数なんて!
「縁」って不思議ですね。
同じ思い(うれしさ、もどかしさ、くるしさ、楽しさ…)を味わってきたかと思うと、「同期の桜」を歌いたくなっちゃうな♪(古っ!)
写真に写っている人は、私じゃないです。わたしよりおそらく10才は若いママです(^^;)
ヘルプってなんでしょう?私でお役に立てるのかな?

投稿: harry | 2006年10月31日 (火) 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/12473010

この記事へのトラックバック一覧です: 「裁判」の絵本:

« ブックスタート3回目報告 | トップページ | 人権について考える絵本 HELP!! »