« 「裁判」の絵本 | トップページ | 「拍手」について »

人権について考える絵本 HELP!!

私の友人まあさんより 「人権」についてかかれた絵本を探しているとうかがいました。

小学校で先生がこどもたちに読みきかせするのに使うそうです。

               ***

ここにきてくださる「本の達人」のみなさん!

いい本があったらどうか教えてください m(_ _)m

               ***

私が思いついたのは

「満月をまって」 (高学年向き) 

「まっくろネリノ」「かっくん」「はせがわくんきらいや」

「さっちゃんのまほうのて」「げんこのキモチ」

「秘密の道をぬけて」 これは読み物。ちょっと難しいかな。でも6年生なら読める)

               ***

「かさをささないシランさん」「ちびくろさんぼ」

「わたしのいもうと」「しらんぷり」

「ぼくだけのこと」「ぼくたちのコンニャクせんせい」

「どんなかんじかなあ」 

・・・こちらは、まあさんがピックアップ済みです。

よろしくおねがいします。

|

« 「裁判」の絵本 | トップページ | 「拍手」について »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 「こわいことなんかあらへん」はいかがですか?
 ずい分以前に、子ども達とノーマライゼーションを考える為に読んだことがあります。知的障害のある人たちの施設「止揚学園」の本です。

 学園のホームページ(http://www.biwa.ne.jp/~ikuru/)の本・カレンダー紹介ページに他の本の紹介もあります。この前は友人が「おばあちゃんをすてちゃいやだ」を読んでくれました。

投稿: あそびっこ | 2006年11月 2日 (木) 11:49

まあです。
あそびっこさん、早速読んでみます。
ありがとうございます。
低学年用の「友達を大切にする心」をテーマにした絵本もなかなか見つからなくて・・・・
本の達人のみなさま!お知恵拝借です!

投稿: まあ | 2006年11月 2日 (木) 12:00

あ!3冊思い出した。
写真絵本です。
「となりのしげちゃん」(星川ひろ子・小学館)
知的障害のしげちゃんと女の子の表情がとても素晴らしいです。これはジャストフィット低学年ですよ。「後書き」は先生には絶対読んでもらいたいです。
  ***

「はりねずみのピックル」(山崎陽子・いもとようこ)
外見のせいでなかまはずれになるはりねずみの話し。
これもジャストフィット低学年!

  ***
これはもうご存じかもしれないけど、
「ありがとうフォルカーせんせい」(岩崎書店)
LD(学習障害児)の胸の内です。

  ***
もひとつおまけに…
「おばあちゃん」(大森真貴乃・ほるぷ)
年をとっていくことについて真正面から向き合っています。
作者の目がすごくあたたかいです。すくわれます。 

投稿: harry | 2006年11月 2日 (木) 13:51

ストレートですが、「ともだち」(谷川俊太郎・和田誠 )。
谷川さんの詩も優しく、和田さんの絵がほのぼのしています。詩の視点が、身近な友達のことからもっと広がっていく最後の数ページは、厳しい状況にある世界の子ども達の写真です。
メンバーがこの本を低学年で読んだとき、思いがけない反応にびっくりしていました。「友達っていいな」「友達と仲良くしよう」という気持ちが湧いてきたり、困っている子ども達に何とか手を差し伸べられないだろうかという反応が素直に出てくると思って読んだそうなんです。ところが笑うはずではない写真なのに笑い声が起こったり、写真の子に対して暴力的な言葉が出たのだそうです。いつも楽しい絵本を読んでくれるおばちゃんと思っていたのに突然の緊張感がそうさせたのか、その子自身に何かつらいことがあったからなのか。当惑して読み終えたそうですが、「学校にも図書館にもある本だから、もう一度自分でも読んでみてね。」と。
こんな事を書いたうえで、でも、いい1冊だという思いは彼女にも私にもあります。

投稿: あそびっこ | 2006年11月 2日 (木) 14:31

「生んでくれて、ありがとう 」葉 祥明絵・文
高橋 愛英訳 サンマーク出版
宮沢賢治「よだかの星」 岩崎書店
コレは絵本とちゃうけど
「やさしいことばで日本国憲法」 出版 : マガジンハウス

投稿: mikapapa | 2006年11月 3日 (金) 05:01

あそびっこさんへ:
うんうん!!
この本ではないけれど、同じような場面に遭遇したことがあります。(なんの本だっけなぁ??)
自分ではいたくまじめに(深刻に)やっているのだけど、「なんでそういう反応になるのかなぁ」なんて思いましたね。
小学生の低学年とかは、絵本の中の意味を探るという技はまだ出来ず、ピンポイントでおもしろい場面だけが記憶に残るらしいですから、作者や読み手がいくら力んでテーマを提供しても(直接的に)、なかなか思惑には乗ってくれないんでしょうね。
情報ありがとうございます。まだまだ新情報受付中!

  *****

papaさんへ:
そっか~、「よだかの星」
気が付かなかったです。見方を変えるとそうですよね。さすがpapaさん、思考がやわらか~い!!

投稿: harry | 2006年11月 3日 (金) 05:46

『あなたが守る あなたの心・あなたのからだ』はどうでしょうか?
http://eehon.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_5961.html
あっ、でも読み聞かせには向いてないですね(^^ゞ
『気持ちの本』http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887500505
というのもあります。
まあさんが探しておられる絵本とはちょっとずれているかもしれませんが、こんな絵本もあるよということで。参考になれば幸いです。

投稿: めーべる | 2006年11月 5日 (日) 22:50

めーべるさん:
いらっしゃいませ (^^)/
めーべるさんの紹介してくださった本と、私が昨日受けてきた講演がピッタシ一致しましたね。(^_^)v

「本から力をもらう」ってこと、ありますよね。
誰にも相談できない。でもそういう子が、力をもらえる本に出合ったら。
読みきかせだけではなく、ただ「こういう本もあります」って紹介するだけで、それがきっかけでいじめなどを乗り越えられるかもしれない。

読む、読まないは自由。でも、情報だけはふんだんに用意したいですよね。ご協力、ありがとう!!感謝です。

投稿: harry | 2006年11月 6日 (月) 06:55

みなさん、たくさんの情報ありがとうございました。
今、みなさんが教えてくれた本を片っ端から読んでいるところです。
ひとりではとてもこれだけの本は集める事はできませんでした。
感激です。
この貴重なリストを有効に活用していきたいと思います。
「今年の人権週間はひと味ちがうぞ~~!!」

投稿: まあ | 2006年11月 6日 (月) 16:48

まあさん:
たくさん集まって私もとてもうれしいです。
私もみなさんが教えてくれた本を読みたいと思います。
リスト作りがんばってくださいね!!!
それから、情報をくださったみなさん、どうもありがとうございました。ブログっていいなぁってまた思ってしまいました。m(_ _)m

投稿: harry | 2006年11月 7日 (火) 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/12523050

この記事へのトラックバック一覧です: 人権について考える絵本 HELP!!:

» 「みにくいアヒルの子」(アンデルセン) vs 「気のいい火山弾」(宮沢賢治) [mikapapaの 「こんな本を読んだ」]
みにくいあひるのこposted with 簡単リンクくん at 2006.11. 7アンデルセン原作 / 与田 凖一脚本 / 松成 真理子画童心社 (1999.5)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る気のいい火山弾posted with 簡単リンクくん at 2006.11. 7宮沢 ...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 8日 (水) 16:33

« 「裁判」の絵本 | トップページ | 「拍手」について »