« とほほ…(T_T) | トップページ | ご意見をお願いします »

「椿(つばき)」の絵本

 凛とした気品あふれる花は、彩り少ない冬の主役ともいえるでしょう。

 今日のテーマは「椿(つばき)」 

       

             *****

「きつねにょうぼう」(長谷川摂子・片山健・福音館書店)

 

見開きいっぱいに描かれた満開の椿の花。この絵本の一番の見所です。実際にこのような風景を見れば、誰もが我を忘れてしまうのでは。

椿の花に見とれていた”かか”に息子が叫びます。

「かかのしっぺたから でっこい しっぽがぶらさがっとる。」

そう、かかはキツネだったのです。キツネだと知られたかかは山へ帰りましたが、残された子どもと夫のために、夜だけ女房の姿に戻って…。

 品のある穏やかな語り口で書かれた文は、聞いている人の心に静かに静かにしみ込んでいくでしょう。昔話の王道をいく逸品です。

             *****

「たろうとつばき」 (渡辺有一・ポプラ社)

母ちゃんが入院した!救急ヘリで東京の病院へ運ばれた。明日手術だって。

ぼく、一人で見舞いに行ってくるよ。

お話しの舞台は”椿油”が特産の「利島」。自然一杯の島からフェリーに乗って東京へ一人旅する主人公の表情がすばらしい。

漫画のように台詞が吹き出しになっているので、一人読み向きです。作者の渡辺氏はこの絵本を作るにあたって、実際に利島に訪れ取材をしたそうです。

             *****

「にぎりめしのすきなだいじゃ」(松谷みよ子・長野ヒデ子・小学館)

山道で迷子になった男は、1本の椿の木の下で、なんとも恐ろしい会話をきいてしまいました…。

「きつねにょうぼう」よりもやや低学年向け昔話。ムダがなく歯切れのよい文はとてもよみやすく、「昔話を子どもによんでみたいなあ」と思っている方は、まずこの本の読み聞かせにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

            

         

|

« とほほ…(T_T) | トップページ | ご意見をお願いします »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

以前に、『きつね女房』の紹介をしてくださったときに、借りてみて好きになりました。椿に見惚れる場面の、ページいっぱいの椿の花。花。花。それがとても印象的だった。
どうやら私、片山健さんや長野ヒデ子さんのような濃いタッチの絵が好きみたい。だから、まだ読んでいない『にぎりめしのすきなだいじゃ』、借りてみます(^O^)/

投稿: yumiha | 2007年2月 7日 (水) 21:35

「きつね女房」いいですね。
椿の花の印象的な本と言えば、「くしゃみくしゃみ天のめぐみ」もいかがでしょう?絵本ではなくて低学年用の読み物です。くしゃみ、いびき、おなら、あくび、しゃっくりなどを題材にした短い昔話が5話。本のタイトルにもなっているくしゃみのお話が表紙に使われています。祝言を挙げる息子達に赤い椿がはらはらと舞い落ちている絵です。お話はどれも面白くってついほろリ?

投稿: あそびっこ | 2007年2月 7日 (水) 22:00

harryさん、一段落されましたか?
椿のテーマなんて珍しい!と、興味深々読ませてもらっています。
”椿”で、思い浮かんだのは、わたしもあそびっこさんと同じく、「くしゃみくしゃみ・・・」の表紙絵。
「きつね女房」もそうでしたか。い~い話ですよね。
この片山健さんのきつね女房の原画を見ましたが、やっぱり絵本以上に迫力がありました。
あと2作品は見たことないので、また読んでみます!

投稿: フラニー | 2007年2月 7日 (水) 22:07

yumihaさんへ:
いらっしゃいませ (^^)/
「きつねにょうぼう」に出てくる”ててっこうじ”って男の子。忘れられない名前ですよねぇ。
かかの歌うわらべうたも温かくて。
”ててっこうじ”ってどういう意味なんでしょう?!
絵本にはいろんな名前が登場しますけど、
意味不明ですよね、ててっこうじ。

投稿: harry | 2007年2月 8日 (木) 15:59

あそびっこさんへ:
そうそう!「くしゃみ…」も椿が出てきますね。
図書館では貸し出し中で手に入らなくて。
今、T市立図書館は2週間も休館で、私のショーバイあがったりです。(T_T)
明日は、1年生に「ゆきおんな」を読みます。
ふふふ…コスプレで読むんですよ~~~。
とはいっても、白装束は用意できず、二部式着物に
なったんだけどね。
うひひ、楽しみ。雪ふってくれないかなぁ、明日。

投稿: harry | 2007年2月 8日 (木) 16:04

フラニーさんへ:
お察しの通り!
大仕事は完了しました。
期末テストあけの生徒みたいな気分です。
「たろうとつばき」
不覚にも泣きそうになってしまいました。
病院のベッドのかあちゃんに、父さんからのプレゼントを渡す場面があるんですけど、そこで。
涙もろくなったのは、年のせいですかねぇ。

投稿: harry | 2007年2月 8日 (木) 16:08

金曜日のharryさん地方は寒かったですか?雪降ったかしら?
美しくも怪しい素敵な雪女さん♪コスプレ朗読いいですねぇ。
私も漱石の「夢十夜」をお遍路姿で読んだことあります。

投稿: あそびっこ | 2007年2月10日 (土) 21:38

あそびっこさんへ
おぉ、お遍路さんの姿なんて!
かっこい~~~!!
見てみたいですよ、聞いてみたいですよ。
コチラ、金曜日はあいにくの天気。
晴れてしまいました。
吹雪などの効果音を入れながら読むのですが、
ラジカセの性能がイマイチで
完璧な出来ではなかったです。
とはいえ、だんだんと固まってくる子どもたちを
見るのは楽しいです。
今年はやんちゃな学年のようですが、
つくしんぼのようにヒザ立ちをして
目をまん丸に見開いている子どもをみると、
「ゆきおんなのおばちゃん」も「もうちょっと凄んだ声だしちゃおうっか?!」って
いい気になってしまいます。
子どもにのせられる…ってヤツです。

投稿: harry | 2007年2月11日 (日) 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/13819596

この記事へのトラックバック一覧です: 「椿(つばき)」の絵本:

« とほほ…(T_T) | トップページ | ご意見をお願いします »