« 貸し出し開始 | トップページ | お近づきのしるしに…!!! »

やっと、なじんできました

<ドタバタ日記> (中学の図書室に勤め始めたharryのつぶやき)

なんとなくT中の空気になじんできました。

司書室のイスにもなじんできました。

図書室掃除の子どもたち(2年4組)とも、すっかり仲良しに (^^)/

          =☆=☆=☆=☆

<今週印象に残った子どもたちのセリフ・姿>

・ダヤンの絵本をみつけて 「うわ~っ!」と小声で叫んだ女子。満面の笑みがとてもかわいらしかったです。うちには女子がいないので、「女の子ってラブリー!!」と思えました。

       *****

・サラサラの前髪の男子 

  「ねぇ、山田悠介ない?」
  「ないなぁ。ごめん。今度入れてあげようね。へぇ、山田悠介すきなの?何読んだ?」
  「出たの全部読んだ。でもさ、最近才能枯れてきたっぽくない?」
  「なんでそう思うの?」
  「なんかさぁ、どれも同じって感じしない?」

    …それはね、キミの心が山田悠介氏の書く世界で満足できなくなってきたってことだよ。よしよし。

       *****

「ベルサイユのばら」をめくっていた女子。

   「うわ。目がキラキラしすぎ。キモ~。読みづらいなぁ。」

  …私はそう思わないけどなぁ。ジェネレーション・ギャップ!!

       *****

・ちょっとイキがっている男子。

 「ねぇねぇ、”ブリーチ”入れて」(注=コミックです) 
 「う~ん。ムリかも。せっかく来たんだからなんか借りていけば?」
 「やだよ。本なんか借りねぇ」
 「”鋼の錬金術師”ならコミックじゃないけどあるよ、あそこの棚」
 「うわ。あった。借りる!」

  …かわいすぎる。これだから男子は好きだよぉ。

      *****

・2,3人の仲良し女の子グループ。
 「え~、この本、泣けるんだって。借りてこ」

「西の魔女が死んだ」の表紙に【泣ける!】 とただ一言、付箋に書いて貼っておいたのです。

 …たった一言で落としたカイカンにひたるharryでした。

*****

 順調そうに見えますが、焦りでいっぱいです。T中の蔵書12000冊を前にして、私の知識のなんて貧弱なこと。語れる本のストックがもはや底をついてきそうです。

 夏休みはまるまる休みなので(登校日をのぞく)、読みまくらねばなりません。けっこう苦しい修行になりそうです。

    

|

« 貸し出し開始 | トップページ | お近づきのしるしに…!!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
harryさん、ホント、活気があって、いいな。うらやましいです。住むところは違えども、今時の中学生と学校図書館の様子、とても参考になります。こちらの心もわくわくしています。

それから、harryさん、すみません、教えてください。私は、最近JPICの雑誌「この本読んで!」のバックナンバーを図書館から借りて読んでます。遅ればせながらです。お恥ずかしい限りです。
そこで、JPIC の、通称(カタカナ読みとでもいいましょうか。)はありますか。あれば、教えてください。

投稿: クリクター | 2007年4月24日 (火) 08:55

クリクターさんへ:
こんにちは(^^)/
えーっと、JPICは「ジェイピック」と言っていますよ。
「この本読んで!」は、カラーなので見やすいですよね。もしよかったら2005年春号、2006年の冬号の【お話し会プログラム】をみてください。私の書いたのがでています。本名がばれちゃうッ!
  ***
図書室ですが、やっぱしマナーの悪い子もたま~にいます。
自分の子どもならぶん殴るところですけど、その辺は…難しいですよ。自分が学校内でどんな役所(やくどころ)なのか、今それが自分の中で一番の課題です。保健室に登校する子もいて、その子が本好きなので、養護の先生と連携を取ったりしています。
学校というところは本当に奥が深いです。

投稿: harry | 2007年4月24日 (火) 10:16

ありがとうございました。
うちの読み聞かせのメンバーに、ジェイピックで出してる雑誌ということで、薦めます。お話プログラム、こんど拝見させていただきます。

 >学校というところは本当に奥が深いです。
 
 実際にうちの地域にいるということでは無いのですが、図書館登校の生徒がいてもおかしくないのではと思ってます。養護の先生、スクールカウンセラーの先生、図書館へ常駐なさっている先生は、どこか心(大げさにいうと魂かな?)というか、生徒さんのコアに触れてしまうときがあるのではないかと思ってます。
大げさかも知れませんが。
 どこかで時には、連携し合ってほしいかなと感じます。
 学校内にはあるけれど、こうあらねばならないという学校組織の縛りとはなじまない、お仕事があると思います。
 あっ、いつもの癖です。心気くさくなってごめんなさい。また、楽しいエピソードをお願いします♪

投稿: クリクター | 2007年4月24日 (火) 16:32

クリクターさんへ:
スクールカウンセラーの方に「子供らがグチを言ってくることがあるでしょうから、内容を後で教えてくださいね」と言われたところです。
保健室の子、今日も図書室に来て「ダレンシャン」を借りていきました。
「ここに来るとほっとする」そういう図書館をめざします。めげそうになったら応援お願いしますね。

投稿: harry | 2007年4月24日 (火) 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/14795384

この記事へのトラックバック一覧です: やっと、なじんできました:

« 貸し出し開始 | トップページ | お近づきのしるしに…!!! »