« かんのー小説 | トップページ | 読み聞かせ 新人研修 »

予約・ブックポスト

<中学校図書室ドタバタ日記>

「本は予約できます」 という張り紙を貼って2週間。(昨年度まで予約システムはなかったそうです)

きたよ、きたよ、「この本、予約したいんですけど」という申し出が!

見せ書架(例のスノコのやつです)には、本の上にレビューを書いたPOPをはりつけてあるのですが、そのPOPを持ってカウンターに女子が。

「あの、予約できるんですよね。この本読みたいんです」

    よっしゃ~~~~ v(^_^)v (小躍りです!)

    「じゃ、ここに名前書いて。本が来たら連絡するね」

「ありがとうございます」

    ******

金曜日は2冊貸し出し(いつもは1冊です)できますが、すでに2冊借りてしまった女子。新刊の中で読みたい本があったらしく、うなっていました。

「センセ、もう2冊借りちゃったよ。これも読みたいよ。これ、予約しといてよ。」

   それはムリだなぁ。借りちゃった2冊のうち、どっちかやめれば?

「そっか!!」

    *****

前々から「もういちどキックオフ」を読みたいと騒いでいた男子。入り口に設置してある「新刊のお知らせ」を指さして

「これ戻ってきた???」

      今日、戻ってきたから取っておいてあげたよ。

「うわ~。読みたかったんだ」

      嬉しそうな顔。 こっちまでhappyになりました。

    *****

順調そうでしょ。でもね、ほんの一握りの生徒です。

    =====☆ =====☆

、「返却ポスト」の導入を考えています。これってどうなんでしょう。

「開館時間内にきちんと返しに行く」「本を借りているという意識は face to face でなければ培われない」…などの教育的配慮に背いてしまう可能性があります。

ただ、返却率の悪さの原因は、「返しに行く時間がない」「つい忘れてしまう」「部活の時間に遅れると怒られる」などなどあるようです。

民間の発想は受け入れられない部分があるかもしれないですね。司書教諭の先生とは話をして了解は得ることができました。

生徒の意見も聞いたところ、「それって、スゴイうれしいです。」と飛び上がるようにして賛成してくれました。

「返却ポスト」 設置する側がしっかりとした管理をすれば、図書室利用がもっと気楽になるのではないかなぁ…と私は思います。

設置できるかどうか、また後日。

|

« かんのー小説 | トップページ | 読み聞かせ 新人研修 »

読書推進」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/15039031

この記事へのトラックバック一覧です: 予約・ブックポスト:

« かんのー小説 | トップページ | 読み聞かせ 新人研修 »