« 読書好きの男の子 | トップページ | いろんな子 »

課題図書(中学校) その①

今年の「課題図書」は 次の3冊です。(中学校)

  1. 「一億百万光年先に住むウサギ」 (那須田淳)
  2. 「レネット 金色の林檎」 (名木田恵子)
  3. 「世界一おいしい火山の本」 (林信太郎)

図書室だよりにレビューを載せるべく、がんばって3冊読みました。1冊ずつ紹介していきますね。

           *************

「一億百万光年先に住むウサギ」

 ドリス・ディの歌う♪「ケ・セラ・セラ」が何度も出てきます。 

 主人公は中3の男の子なのですが、その親たちの若かった頃の「恋愛いざこざ」がストーリーの重要ポイントになっているという、ちょっと変わった雰囲気の1冊。

 ジャズ・レコード・コーヒー豆・星の名前・ドイツの恋伝説・レオナール藤田…

 舞台は湘南。上記のようなおしゃれっぽいキーワードも端々に出てきて、課題図書にしてはシャレモノかなぁ…と思いました。装丁もセンス抜群。

 主人公「翔太」と、その周りの友人たちがとてもイキイキと描かれていて、彼らの話している姿や息づかいが十分想像できます。親しみやすい。

          *************

 自分の親の若い頃の恋愛話って、子どもはどうとらえるのかなぁ…なんて考えました。自分のことを振り返って。

 中3の不安定ながらもちょっとずつ自立(自分で考え、確かめていく)していく過程を、親の恋愛話にからめて、とてもおしゃれに、自然に描いている作品です。ところどころ、メルヘンチックなところがあるので、<大人のノスタルジー>に傾いていることもない。この部分のバランスが絶妙です。

 深く感動…というわけでもないけど、手元に置いておきたいと思いました。

 この本の全体のイメージは 「white」。イノセンス。

|

« 読書好きの男の子 | トップページ | いろんな子 »

読書推進」カテゴリの記事

コメント

我が家の女子中学生が何を読んでいるのかと覗いたら、「24girls in 7days 24ガールズ イン 7デイズ~デートの相手は24人!?~ 」でした。理論社YAの軽い作りがいいのかな?レンアイにも興味津々なものですから。

投稿: あそびっこ | 2007年6月17日 (日) 08:57

あそびっこさんへ:
「女子中学生」にやっと慣れてきたharryです。
かわいいし、気が利くし、ていねいだし…。
クソ生意気だし、”ぶーたれる”といつまでも引きずるし、平気でウソつくし…。
おもしろいなぁと思います。
おっと!自分も女子中学生の時代があったじゃん。
思い返すと、うぎゃ~!!!と言いたくなることばかり浮かんできます。
理論社のYAのカタログを見ると、装丁が超ラブリーですよね。「24girls in 7days 24ガールズ イン 7デイズ」は見たことないので、書店で確認しようっと。

投稿: harry | 2007年6月18日 (月) 06:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/15449999

この記事へのトラックバック一覧です: 課題図書(中学校) その①:

« 読書好きの男の子 | トップページ | いろんな子 »