« 京都のゲーセンで。 | トップページ | つらい耳鳴り »

学校司書の研修

やっと、教育委員会が動き出しました。

学校司書の意識(力量)=各校の図書室の充実度

このことが、「おかみ」にわかってもらえたようです。

図書便りを年間1回も出さない学校と、こまめに出している学校。

生徒の希望を聞かず、カタログで図書を注文する学校と、リサーチし、自分の目で確かめて購入する学校。

いろいろありますよね。

生徒と教職員のための「学校図書館」です。

教育情報センターの中枢として存在することが望ましいのだけど、周りの意識はまだまだです。

教育委員会が動き出したことによって、その認識は大きく変わることと思います。

その第一歩として、「学校司書の研修」が行われるそうです。

「情報の共有、意識の向上が目的」と通達にありました。

うれしいです。がんばろうと思いました。

|

« 京都のゲーセンで。 | トップページ | つらい耳鳴り »

読書推進」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/41558846

この記事へのトラックバック一覧です: 学校司書の研修:

« 京都のゲーセンで。 | トップページ | つらい耳鳴り »