« 「かならず成功する 読みきかせの本」 | トップページ | 2学期最後の読みきかせ »

恋のメッセンジャー

「この手紙、うちのかわりに渡してくれないかなぁ…」

いつもは、ダリアのように華やかな笑顔のRさん。

今日はまるでスミレのように、うつむいて。

私にそっと差し出した小さな手紙。

え?これってもしかして…?

私:「ダレに渡せばいいの?」

Rさん:「アイツだよ」

私:「アイツって…?」

Rさん:「・・・W」

私:「自分で渡さないの?」

Rさん:「さっき、ポケットにそおっと入れたんだけど、落っこちちゃって…。センセ、読んでもいいよ。」

私:(ぎゃ~~~!ホンマかいな。読んでいいんかいな?!アワワワワ…)wobbly

Rさん:(小さく複雑に折りたたんだ手紙を開いて) 「ホラ…」

heart04

ピンクのペンでたった一行。

中身はご想像におまかせします。

私は、そのなんとも初々しい告白に、マジでマジで、心打たれました。

キューピッドに胸を射抜かれるっていう表現sagittarius

これって、ホント、当たってるわ。

脳から、アドレナリンやらエンドルフィンやら、女性ホルモンやら、なんやかんや一気に吹き出した感覚になりました。

すっごい貴重な体験ですわ、これ。

いいなぁ。若いたましーは!!!!!

2時間くらい、心がホッカホカheart02に温かかったです。

若返ったわぁ、マジでimpact

|

« 「かならず成功する 読みきかせの本」 | トップページ | 2学期最後の読みきかせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/43453620

この記事へのトラックバック一覧です: 恋のメッセンジャー:

« 「かならず成功する 読みきかせの本」 | トップページ | 2学期最後の読みきかせ »