« ピアノで再確認 | トップページ | 恋のメッセンジャー »

「かならず成功する 読みきかせの本」

「かならず成功する
      読みきかせの本」 

    ~これでもう失敗しない!!~

          (赤木かん子:著/自由国民社)

とてもよいガイドブックです。

初心者の方は、うんと勉強になるし、

もう何年も読みきかせをやっている方には、ハッ!coldsweats02と目が覚めることが書いてあります。

なので、

私の所属している読みきかせボランティアグループの「必携本」にしました。

18人全員に配布。(お金は、PTAの活動費から)

いつもながら、かん子さんのバッサリ!気持ちいい語り口調に、すがすがしい風flagを感じます。

読みきかせがマンネリになってきた方、ぜひ読んでみてください。

|

« ピアノで再確認 | トップページ | 恋のメッセンジャー »

読み聞かせ」カテゴリの記事

コメント

harryさん、おはようございます。
先日は「中坊」を送っていただきありがとうございました。お礼が遅くなりすみません。
もっと、ライトノベルズが多いかと思っていたのですが、結構、子ども達、読んでいるなぁと思いました。これが一握りの子ではなく、たくさんになってくれると嬉しいですね。がんばって活動します。
かんこさんの本、購入しました。とっても役に立ちそうだと私も思います。必携本と私も感じました。さっそく、ボランティアのみんなで回し読み中です。
それでは、また。

投稿: TOMTOM | 2008年12月10日 (水) 08:04

おぉぅーっ。感激!!

 私今まさにうちのメンバーのミーティングの話題にすべく、この本、懐に抱えているところです。
 特に、学校で読み聞かせしている私たちのようなグループには、後半のQ&Aがとても助かります。

投稿: クリクター | 2008年12月10日 (水) 11:12

全国の各市町村の学校司書の配置状況を見てびっくりしました。
我が地元の小・中の図書購入予算の少なさと,人が未だにいないこと…

harry先生の学校の生徒さんたちは幸せですよ。こんな熱心な先生がいてくださってsun

投稿: hikobu | 2008年12月10日 (水) 16:46

TOMTOMさん:
無事届いて何よりです。
「リアル本」に協力してくれた生徒は、しょっちゅう図書室に来ている生徒たちです。だから、あの冊子で全体像をとらえるのはちょっと難しいところがあります。
かくいう私も、中学時代に図書室で1回も本を借りたことがなかったです。図書室があったかどうかの記憶もない。
朝読書のおかげで、中学生のかばんには何かしら本が入っています。それをぜ~んぶ並べてリスト化したら、どういうことになるかなぁ…。
うむむ、やってみたいけど、今は脱力状態で…crying
さてさて、かん子さんの本。やっぱしそうだよね。いいなぁ、かん子さん、印税がっぽりじゃん!

投稿: harry | 2008年12月10日 (水) 18:33

クリクターさん:
うひゃ~!!
時同じくして、懐に同じ本heart04
なんか嬉しくなっちゃいますねぇ。
紹介されている絵本をみながら、「そうそう、この本!」な~んてツッコミながら読んでます。
メンバーの意識が統一できて、レベルも保てるのではないかなぁ。

投稿: harry | 2008年12月10日 (水) 18:38

hikobuさん:
卒論で調べた統計から考察へ向かっているようですね。がんばれ!!
私としては、本当に自由にやらせてもらえているので、幸せな職場だと感じています。ってか、怖くて言えないのかも、まわりの若い先生達は。
「としょしつはharry先生の城だから」っていう声も聞こえてくるし。
よし!女王様のコスプレでカウンターに立つか。
おっと、ボンテージimpactじゃないわよ。ビクトリア王朝っぽいやつだからねッboutique

投稿: harry | 2008年12月10日 (水) 18:43

「リアル本」昼休みの図書館で、こんなんあるんだよ!とチラ見せしたら、「なになに~」って大騒ぎでした。すごい反響!
詳しくharryさんに報告せねばと思っているのですが、

そのかん子さんが、来週末来るんです!娘の高校の図書館を改装しに…!夏に県図書の講演があり、そのときに友達とアフターミーティングを世話することになり、そのご縁で高校の文化祭に来てもらって、「図書館改装しようよ!」ということになって…。保守的な学校と、先進的なかん子さんの間を友達と2人で調整し、身も心も衰弱しています。
9月には、12月頭には、手術入れても大丈夫かしら?と思い、予定を入れたら、なんとすったもんだのさなかで…病院まで友達からのSOSが…なんとか落ち着いてきたところですが…。

投稿: なぎ | 2008年12月10日 (水) 22:00

なぎさんへ:
「リアル本」の反響、また詳しくお知らせください。楽しみにしています(^^)/

あのパワフルなかん子さんと…coldsweats01
貴重な体験じゃないですかぁ!!!!
洗濯機につっこまれたかのようにブンブンふりまわされちゃう感じでしょうが、結果的には絶対に良い方向へいくのは間違いない。ここはひとつふんばって、リポビタンDの気分でGO!upwardright
でも、病み上がりではやっぱ、しんどいだろうなぁ。
楽しくムリしてくださいね。(ヘンな日本語!)

投稿: harry | 2008年12月10日 (水) 22:58

 昨日、ミーティングでしたので、『かならず成功する・・・』をメンバーに紹介しました。私は、早速『ハンダのびっくりプレゼント』を1年生と2年生のクラスで読んでみましたが、特に2年生は、ストーリーにピタッと着いてきて、減っていく果物をとっても心配していました。その気持ちがこちらにも伝わってきて、読んでよかったhappy01
 それから、『中坊の・・・』で教えてもらった、『紺碧の艦隊』。ウン、いいです。私、引き込まれてます。架空戦記というジャンルがあるらしいですね。その中でもヒット作だとか。教えてもらって良かったgood

投稿: クリクター | 2008年12月18日 (木) 10:42

クリクターさんへ:
本日、私は小学校でのよみきかせでした。
いつもでかい中坊の相手をしているので、月に2回の読みきかせの日は、とても新鮮に感じます。
今日の担当は2年生。クリクターさんと同じデス!枝に留まってひなたぼっこをしている「ふくら雀」のように、着ぶくれしたちびっ子がズラリ。こちらの一声一声に息をつめるように聞いている様子は、ほほえましいの一言につきます。
今日私が読んだのは、広野たか子さんの「ぎんいろのじてんしゃ」です。これ、この時期のお気に入りなんです。
あ、「紺碧の艦隊」のレビューを書いてくれた生徒(パナソニック君)に、クリクターさんが喜んでいたよと伝えると、よっしゃ!とガッツポーズをしていました。彼に喜びを与えてくれてどうもありがとう!感謝!

投稿: harry | 2008年12月19日 (金) 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/43375096

この記事へのトラックバック一覧です: 「かならず成功する 読みきかせの本」:

« ピアノで再確認 | トップページ | 恋のメッセンジャー »