« 山下明生さんに会いました! | トップページ | 図書室に120人以上 »

中学校での読みきかせ

<中学図書室book ドタバタdash日記>

今日の6時間目は、2ー3が図書室にやってきました。

社会の授業が進みすぎているため、調整で、読書タイムに振り替え。

2-3は、図書室掃除の担当クラス。生徒たちとはなんとなく気心が知れています。

そこで、

社会の先生に許可を得て、15分ほどいただき、読みきかせをしてみました。

選んだ本はね、

「モチモチの木」

ジサマぁ~~~xmas

(突然の思いつきだったため、図書室にある絵本の中で、比較的よく練習してあったのが、「モチモチ」だったので、これにしました coldsweats01 )

   ****

生徒らは、実によく聞いてくれましたよ。

ちょっとビックリしてしまいました。

うれしい1日でした。

|

« 山下明生さんに会いました! | トップページ | 図書室に120人以上 »

読み聞かせ」カテゴリの記事

コメント

読み聞かせの様子が、目に浮んで来ました。
ここ数年、小3までの読み聞かせ活動になっているので、「モチモチの木」は読むのを控えていますが、わたしはいつも、6年生以上に読み聞かせたいと思っていました。
 いいなあ~~~happy01
 最近、低学年の子達も楽しんでくれるように、定着してきたので、来年度は、小3でやってみようかなschool

投稿: クリクター | 2009年2月17日 (火) 07:46

「モチモチの木」は、いいなぁ。生徒たちの気心がなんとなく知れているというのも、いいですね。
「モチモチの木」は、娘が小学校のころ、教科書にも載ってたように思うのですが、今でもそうなのかしら?

投稿: あそびっこ | 2009年2月18日 (水) 07:50

クリクターさん:
小3でも、聞く態勢ができていればだいじょうぶだとおもいますよ。
中学生らの反応を見ると、今まで「モチモチ~」を聞いたことの無い子がけっこういたような感じがしました。
方言のおもしろさと、豆太の弱っちいところ、大判の切り絵の迫力。
やっぱし、この本は名作だなぁ~って思えました。
次は何を読んであげようかな…なんて、欲も出てきたよ。
小学生の瞬間的な反応はないけれど、息をこらし、全身を耳にする光景は、なかなか得難いものでした。

投稿: harry | 2009年2月18日 (水) 09:22

あそびっこさんへ:
教科書には載ってないみたいですね。
読みきかせに関わっている人間としては、小学校の教科書の内容くらい知っていたほうがいいんだろうけど、なかなか…。
自分の子どもが大きくなるにつれ、その辺が弱くなるなぁ。
反省、反省。
あ、中学の英語の教科書に、星野道夫氏のphotoが載っているので、図書室に関連の本を飾ったところ、やっぱしHITしましたね。
アンテナをめぐらすのは大変だけど、価値は確かにありますねぇ。

投稿: harry | 2009年2月18日 (水) 09:28

あ~、今は載っていないのですね。
私は「八郎」も好きなのですよ。読んでいて泣きそうになります。もちろん、人前で読むときは泣きませんが、時々自分ひとりで読む練習などしていると、ぽろぽろ涙がこぼれてきます。ま、そういう時はかなり疲れているときです。

投稿: あそびっこ | 2009年2月18日 (水) 20:52

あそびっこさんへ:
「八郎」ですか。切ないですよね。
わらしこ、泣くんでねぇ…だったけか???
私は「島ひき鬼」と「くまのこうちょうせんせい」がダメです。
「島ひき鬼」は、「オレが食ったんじゃねぇ」のあたり。
「くまのこうちょうせんせい」では、「せんせいはね、びょうきになってわかったことがあるんだ」のあたり。

ああ、こうやって、文字を打ち込みながらも、ちょっと泣きそうです。

私も疲れたときは、ダメですね。
そう、さっき、中学の役員決め会議が終わって、めっちゃ精神が疲れているので。

投稿: harry | 2009年2月18日 (水) 22:06

harryさん、ご無沙汰しています。

『モチモチの木』は、うっとこの学校で使っている教科書(たぶん光村だったと思います)に載っています。来週から、『モチモチの木』の授業に入る3年生のために、大型絵本を市立図書館から借りてきました。

教科書にあると、つい読み聞かせは遠慮してしまいます。でも、6年生に読んでみたいなあと思いました。

私が泣いてしまいそうになるのは、『ごんぎつね』の「ごん、おまえだったのか・・」のところ。この少し手前で、泣いたらあかん、泣いたらあかん、と自分に言い聞かせるのですが、いつも玉砕です。

投稿: ゆみ葉 | 2009年2月19日 (木) 23:27

公立無事合格しますた← これもハリーのおかげですよ。
卒業制作のオーダーはまた後程話してくださいな

投稿: カナリア | 2009年2月20日 (金) 19:57

ゆみ葉さん:
お久しぶりです!
そうですか、3年生の教科書にありましたか。
大型絵本、いいですね。教科書では伝えきれない迫力がありますものね。
ゆみ葉さんとこの児童さんたちは、幸せだなぁ。
きっと、忘れられないお話となると思います。
私の次男が小1のとき、「スーホの白い馬」を音楽劇にして全員で発表したことがありました。
言葉のひとつひとつ、今でも覚えていますね。

投稿: harry | 2009年2月20日 (金) 21:02

Canaryさん:
よっしゃ~~~っ!happy02
おめでとう!
よかったね。ご両親もほっとされていることでしょう。
これで心おきなく、いろいろと頼み事ができますねぇbleah
卒業まで楽しくやりましょうwine
本当におめでとうcherryblossom

投稿: harry | 2009年2月20日 (金) 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/44051720

この記事へのトラックバック一覧です: 中学校での読みきかせ:

« 山下明生さんに会いました! | トップページ | 図書室に120人以上 »