« シオリの売れ行き | トップページ | 恋バナ 番外編 »

アンテナを高くかかげて

先日、N東小学校へお邪魔しました。

読み聞かせボランティアさんたちへの研修会の講師として、呼んでいただきました。

実演も交えて、約1時間半。

私の話の中で、1つでも参考になれば嬉しいなぁと思います。

                  pencil

どこの団体でもいらっしゃいますよね。

「STONE HEAD」

こちらのグループさんにも、(例に漏れず)いらっしゃいました。

                  pencil

ご自身のスタイル(信念)を曲げないというか。

新しい空気を、あえて吸わないというか。

「私、図書館には行かないんです。自分の持っている本で読み聞かせをするんです。図書館に行くと、いろいろな本がありすぎて…。どの本にしようかって迷っている時間がもったいないんですよ。」

さらに、

「気になった本は、ネットで注文して買います。だから、本屋さんにも図書館にも行きません。」

                  pencil

この方は、読み聞かせを20年以上もされてきたそうです。

                  pencil

この方、食べ歩きとか、ウインドーショッピングとか、

寄り道とか、道草とか…しないんだろうな。

う~ん。…なんか、もったいないような…。

国語辞典で言葉を調べるとき、つい近くの他の言葉も読んでしまい「へぇ~~!」なんていうのも、楽しみの一つだと思います。

この方は、「電子辞書」タイプなんだろうな。 

                  pencil

アンテナを高く掲げて、いろんな情報を得る。

これって、成長していく上で大事な事だと思います。

出版物のように、どんどん入れ替わっていくモノを相手にしている人たちにとっては、特にね。

|

« シオリの売れ行き | トップページ | 恋バナ 番外編 »

読み聞かせ」カテゴリの記事

コメント

harryさん、こんにちは。
「お堅い話」ですね。。。。。人生もっと楽しんだ方が。。。ねぇ。

私は、ここ2日間、生まれてはじめて、ダールの本『魔女がいっぱい』と『チョコレート工場の秘密』を体内に取り込みました。ミセス(?)ストーンは、ダールなんかはお嫌いでしょうかねぇ。

harryさんは、ダール、どんな感じですか?

投稿: クリクター | 2009年5月18日 (月) 12:43

harryさん、こんにちは。N東小では、お世話になりました。いろいろアドバイスしていただけて、次回の読み聞かせ日が、本当に、本当に、ほんっとーに!!楽しみです。

先日の研修では、ボランティアのみなさん、それぞれ心に何か響かせて帰っていただけた( ̄ー ̄)ニヤリ・・・と、思っているのですが。

私などは、アンテナにいろいろ引っかけすぎて消化しきれていない感があるので、それもまた反省ですが。。。
いろんな方がいますよね ┐(´-`)┌
日々、修行です。

ミセス・ストーン(´,_ゝ`)、ロアルド・ダールはいかがなものか。ぜひ、聞いてみようと思います(*^-^)


投稿: ぷにょ。 | 2009年5月18日 (月) 19:52

クリクターさんへ:
ミセス・ストーン!この呼び名、いいですねぇ。
ミセス・ロビンソンみたいです。(サイモン&ガーファンクルの曲)♪Hey hey hey!

ロアルト・ダールは、恥ずかしながら、「チョコレート工場~」「こちらゆかいな窓ふき会社」の2作しか読んでいませんcrying
もっと読んでおかなくちゃならないんだけど(反省)。なんとな~く、人を喰ったような、ひょうひょうとした感じが、私は好きです。

投稿: harry | 2009年5月18日 (月) 22:02

ぷにょ。さんへ:
先日はお世話になりました。
次回の読み聞かせの様子をぜひお知らせくださいね。

私もぷにょ。さんと同類で、アンテナを(しかもハエ取り紙みたいにネバネバのシート付き)揚げすぎて、なんでもかんでも手元にひきよせてしまいます。
取捨選択。
これって才能かも。
私、けっこう捨てられない。
捨てるときは、本気でヤケクソの時かもなぁ。

投稿: harry | 2009年5月18日 (月) 22:06

アンテナを掲げようとしない人、アンテナに何でもかんでも引っ掛けてしまう人、どちらも面白い‥というか、どちらにも当てはまるのかも‥頑なだったり、生半可なままで自分のものにしたつもりになってたり‥あはは、自戒します。

ロアルド・ダールは毒があって好きです。大人のエゴにどきりとさせられます。下の子は「マチルダはちいさな大天才」が好きでした。

投稿: あそびっこ | 2009年5月19日 (火) 08:29

あそびっこさんへ:
アンテナの一端かもしれませんが、今、ケータイ小説を読んでいます。
生徒とケータイ小説の話をしていて、「マジ感動したしぃ~」というので、「貸してよ」と、つい。
「こんな親いないだろ~」だの「設定がまずおかしい」だの、つっこみながら読みました。
確かに、胸キュンの部分はありましたねぇ。「わわわ!この2人どうなっちゃうの?もどかし~~~」なんて、ちょっぴりドキドキしながら読む部分もありまして…。
う~~~~ん…。30年若かったら、きっと「マジ感動」って言ったかも。なんせ、恋に恋する年だもんね。(今となっちゃあ…smile

笑っちゃいけねぇ…って思いました。
乙女心。
ええなぁ、初々しくってheart04
文章の下手くそさには目をつぶって、ヤワヤワなハートをドキドキさせるケータイ小説の空気。
あそびっこさんも試してみませんか?

投稿: harry | 2009年5月20日 (水) 22:34

harryさん
新しい周波数のご紹介ありがとうございます。う~ん、でも今私のアンテナはブンガクの方に向いてるかも。グンガク熱がちょっと冷めた頃挑戦してみよう。
で、ケータイ小説ってケータイで読んだほうがいいの?それとも紙化されたものを読んでもいいの?でも‥文章の下手くそさに目をつぶれるかなぁ‥って、頑ななほうの私が出てる?

投稿: あそびっこ | 2009年5月21日 (木) 23:20

あそびっこさんへ:
ケータイ小説は、本になってるヤツを読んでいます。(文庫も多い)
横書きには、なかなか目が慣れず、意味もワンテンポ遅れて理解するという始末。
なんだこりゃ~!と思わせる「擬態語」。
とにかく、NEW WORLD です。
でも、世の女子生徒の心を、こんなにも掴まえるのだから、
それなりの中身があるはず。
我々の世代にも、心ときめかす同等なものがあったはず。
…ひょっとしたら、「りぼん」とか「なかよし」かもしれませんねぇ。

投稿: harry | 2009年5月22日 (金) 07:00

ラジャー!
この年になっても、恋に恋したいし‥。では、身近な女子中高生にお勧めを聞いて借りてみることにしましょう。買うことは‥ないなぁ。

投稿: あそびっこ | 2009年5月24日 (日) 22:49

あそびっこさんへ:
買うことはないです~~~。
だって、すぐ読めちゃうもん。
そのお金で、おいしいお菓子でも買った方がいいよriceball
読んだら感想をぜひぜひ聞かせてね。
楽しみぃ~~ear

投稿: harry | 2009年5月24日 (日) 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/45051026

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナを高くかかげて:

« シオリの売れ行き | トップページ | 恋バナ 番外編 »