« 『二十四の瞳』で爆笑! | トップページ | 「リアル本2010」原稿第一号 到着! »

46歳と9歳の違い…中学生の場合

<中学図書室bookドタバタdash日記pencil

T中は昨日、持久走大会でしたhorse

生徒には、いろんな賞が贈られますが、その中で「ラッキー賞」というのがあるんです。

先生方が”順位を指定して”、500円程度の商品を贈る…というもの。

たいていは自分の好きなナンバーを使います。

私は、自分の年齢にあやかって、

「3年女子 46位」に指定。

プレゼントは500円の図書カード(当然!)です。

     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆

大会が終わり、廊下で3年女子が次々と声をかけてきました。

生徒:「ねぇ、先生の商品ってさ、本でしょ~?」

私:「惜しい。図書カードだよ」

生徒:「あ~~っ。欲しかったなぁ」

     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そんな中、こういう会話が。

生徒1:「なんで46位にしたの~?9位にしてほしかったぁ」

私:「私のトシにしたんだもん」

生徒1:「9歳でいいじゃん!!」

私:「いや~、それは小さすぎる」

生徒2:「9歳って、小3じゃん」

私:「いいね。その頃に戻りたいね」

生徒2:「てか、戻っちゃうとさ、またテストとか受験とか、もっかいやり直すんだよ。先生、イヤじゃない?」

私:「それは、やだよ~~~~!」

生徒1:「だよね。あ~あ、早く大人になりたいなぁ」

生徒2:「ウチは、大学生くらいになりたい」

    **

3年生。

心の中には、「受験」の2文字が大きくのしかかっているようです。

みんなガンバレ!

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて。

いよいよ「中坊のリアル本2010」の作成が始まります。

表紙のイラストの書き手はもう決定しました!(N倉さんです。)

10/1号の図書便りにて、応募スタートです。

かなりドキドキhappy02です。

みなさんのエールが私の力となりますflair

応援motorsports、どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 『二十四の瞳』で爆笑! | トップページ | 「リアル本2010」原稿第一号 到着! »

中学図書室ドタバタ日記」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりですハリーさんheart
今年も楽しみにしていますよ!!

うちも今年、ブックウォークを試みてみるところまで、たどり着きました・・・coldsweats02ぜえぜえ・・・。

うちのおすすめ本の取り組みは、今からですよ~sad
寒くなるまでには、出したい・・・とは、思うものの、大丈夫かなあwobblydash
どうなることやら。
ハリーさん、また相談のって下さいねwink
ハリーさんも、お体お大事にして下さいcat
またrestaurantしましょうup

でゎshine

投稿: ぷにょ。 | 2010年10月 1日 (金) 20:56

ハリー先生お元気ですか?

九歳に戻れてやり直してしまったら、ハリー先生に出会えないかもしれないですね(笑)
人生の中での出会いは偶然が重なったものだから操作はできないですし←


私は人生のうちのもう一つの受験がまだ残っているので、私も後輩に負けないように頑張ります…
(↑現在進路が決まらなく迷走してます(笑)

投稿: かなりぁ | 2010年10月 2日 (土) 00:04

ぷにょ。さんへ
ブックウォーク!すごい!頑張ってますね。
先生方の協力を得るのは大変だったでしょう?
やりたい、でも「ウザイヤツ」って思われたくない…そのへんの逡巡が…。
こちらも秋の読書週間に間に合えばいいのですけど。

こちらの新しい取り組みとしては、「サイレント・デー」を考えています。うちの図書館は、おしゃべりサロンの役割が多めなので、図書館のもつ本来の良さを知らしめるため、また、「もっと静かに本を読みたい」という生徒がけっこういることがわかったため、この企画を考えつきました。要するに、オシャベリを禁止する日を設定する…ということです。しずかなBGMを流して、ひたすら静寂。
何人かの図書委員にこの企画を話すと、どの生徒も「いいじゃん!」と賛成してくれているんです。管理職のOKも出ました。残るはどのタイミングで実施するか。こういうのはタイミングがすごく大切ですから。
「今日は サイレント・デーです」と突然やっても上手くいかない気がします。予告と先生方の協力が必須。読書週間にぶつければ、大義名分もたち、先生方の協力も得られやすいのでは…といろいろと策を練っています。

お互い、がんばりましょ=。そして呑んでグチを言おうぜ。

投稿: harry | 2010年10月 5日 (火) 09:01

かなりぁさんへ

私などより、もっとスゴイ人に巡り会えていたかもしれないよ~smile

>人生の中での出会いは偶然が重なったものだから操作はできないですし

いえいえ、そうでもないです。チャンスを狙って、自分から突撃するという手もあります。多くの人が集まるところにはなるべく出向いた方がいいと思います。ケッ、むかつく!と思うこともあるかもしれないけど、それはそれなりに何か「収穫」があるもんです。何が縁かわからないもんね。(未来のダーリンheart02がめっかるかもしれんよ)

進路にしても、いろんなものを見て、さんざん迷ってください。ま、いいか…が一番ワルイ。失敗したとき、後でグチグチとなってしまうから。自分が選んだんだから仕方ないか…って思えれば、グチも後悔もしません。(たぶん)

ガンバレ。見守っています。

投稿: harry | 2010年10月 5日 (火) 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/49602263

この記事へのトラックバック一覧です: 46歳と9歳の違い…中学生の場合:

« 『二十四の瞳』で爆笑! | トップページ | 「リアル本2010」原稿第一号 到着! »