« 講演会 | トップページ | 「宇宙の日」作文コンテスト »

科学絵本の紹介 第1弾!

地元情報誌に載せる「オススメ科学絵本」コーナーの原稿が、やっとsweat01書き終わりました。

無精な私は、いつもしめ切りギリギリになってしまうのですが、今回も…同じbearing

追いつめられないと出来ないのはホントに悪い癖ですwobbly

ともあれ、書き上がってホッとしていますnotenotenote

第1回目の記念すべき紹介本はコチラの6冊!

『うちゅうひこうしに なりたいな』(バートン/インターコミュニケーションズ)

『はじめてのうちゅうえほん』(てづか あけみ・ 的川 泰宣/ピエブックス)

『アリからみると』(栗林慧/福音館書店)

『みずたまレンズ』(今森光彦/福音館書店)

『竹とぼくとおじいちゃん』(星川ひろ子・星川治雄/ポプラ社)

『びゅんびゅんごまがまわったら』(宮川ひろ・林明子/童心社)

うちの科学館は宇宙がウリなので、やっぱし宇宙モノがトップバッターです。

2冊目の『はじめてのうちゅうえほん』は特にオススメ。全文ひらがな。わかりやすい!でも内容の濃さは大人もビックリするほど。

リビングにポンと投げ出しておくと、もしかしたら家族から天文学者・宇宙飛行士が出るかもしれないよ。おおげさじゃなくてホントの話。

どの本も、科学館とリンクできるような内容を選びました。

お子さんの「見たい知りたい心」をグッとバックアップできるといいなぁと思います。

8/9が掲載日。写真をアップしますね。

|

« 講演会 | トップページ | 「宇宙の日」作文コンテスト »

科学館のお仕事」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、宇宙の絵本おもしろそうですね。
本やさんで捜して読んでみたいと思います。

学校図書室にも入れれるかもヽ(´▽`)/

ハリーさんといえば本!ですね。

投稿: ぽんまま | 2011年8月 1日 (月) 13:00

ぽんままさんへ

「はじめてのうちゅうえほん」は本当に優れモノなんですよ。感動しちゃいました。ぜひお手にとってごらんくださいね。学校図書館へ入れて正解だと思いますよ。学校で見て、家の人に「買って」ってねだるかもしれないなぁ。

投稿: harry | 2011年8月 3日 (水) 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/52356354

この記事へのトラックバック一覧です: 科学絵本の紹介 第1弾!:

« 講演会 | トップページ | 「宇宙の日」作文コンテスト »