« モビールの本 | トップページ | 夏休みの科学館 »

出張サイエンスショーで

科学館では「出前講座」と称して、依頼のあった場所へサイエンスショーを行いに出向きます。

昨日は、市内のH幼稚園へ。

園児&保護者&先生、約60人が待っていました。

今回の実験のテーマは、液体窒素を使った「マイナス196度の世界を知ろう!」

暑い夏にはうってつけのショーです。

そこでの楽しい一コマを紹介します!

液体窒素の中に、バナナを入れて凍らせ、それをトンカチ代わりに釘を打つ…というお決まりの実験の時、実験者のE博士が子どもたちに問いかけました。

E博士:「ねえ、みんな!バナナをこの液体の中に入れるとどうなるか…わかる人?」

(ハイハイ!と元気に手があがり…)

E博士:「じゃあ、キミ!」

男の子1:「ジュースになるっ!」

E博士:「(ギョッとした顔で)coldsweats02 えっ???ジュース?う~ん、なるほど。」

男の子2:「えっとね~、おじいさんになる!」(保護者大爆笑happy02

E博士:「(目を白黒させて)sweat01はあ~!おじいさんかぁ~。う~ん…」

男の子3:「凍るっ!」

E博士:「(ホッとしたように)そうだねぇ~!lovely 凍るんだよねぇ~」

*****

実験が終わり、科学館へ帰る道で、

E博士:「いや~、幼稚園の子の発想って、スゴイわ!度肝を抜かれたわ!」

感嘆しきりでした。

「おじいさんになる」

これ、スゴイと思いました。液体窒素の中にバナナをINしたとき、白い煙cloudがもくもくとあがりましたもの。浦島太郎の玉手箱を連想したのでしょうね。

なんて柔らかアタマなんでしょう。

なんだか嬉しくなってしまいました。

|

« モビールの本 | トップページ | 夏休みの科学館 »

科学館のお仕事」カテゴリの記事

コメント

いいですねぇ、こういうの!
E博士のお困りと驚きがいいです。

投稿: あそびっこ | 2011年7月22日 (金) 20:15

あそびっこさんへ

これまで小さい子どもたちとは絵本を通してのつき合いでした。今は、媒体が変わってのつき合い。子どもの好奇心の旺盛さを観察する楽しさは変わらないけど、前とは違う「感動具合」です。

読みきかせみたいな「魂が宙に浮かぶ表情」よりも、「次に何が起きるかな、ワクワク!」の目の輝きはスゴイ!

たとえて言うなら、読みきかせは「手持ち花火」で、サイエンス・ショーは「打ち上げ花火」かも。

どちらにしても、“ああ~楽しかった!”って笑顔で帰路についてほしいですね。

投稿: harry | 2011年7月28日 (木) 06:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116530/52269035

この記事へのトラックバック一覧です: 出張サイエンスショーで:

« モビールの本 | トップページ | 夏休みの科学館 »