« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

秋のエントランス・デコ

科学館のエントランス・デコレーション

秋の今は、コチラ

1

コスモス・りす・キノコ です。
ちょっとかわいらしすぎたかな。(児童館みたいだsweat01

Photo

リスは、どんぐりを持っています。
しかし…
清掃員のHさんは…
「まあ!タヌキが餅もってる!」

Photo_2

11月中旬からは、クリスマスっぽくしようかな。
お楽しみに!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

0~1歳児への読み聞かせについて

JPIC読アドとして、あちらこちらでお話させていただく機会をいただいています。

2002年に市内の幼稚園で講演したのが始まりです。

気がつくと、今年で10年目なんですねぇ。

歳を取るはずです coldsweats01

幼稚園での家庭教育学級に招かれることが多いのですが、

最近では、

園児よりも下、

つまり「0~2歳向けの講話」のリクエストが増えてきました。

実は今日も、市の子育て支援センター主催の講演をやってきました。

対象者は、0~1歳児+保護者です。

講演時間は1時間。

60分です。

ママだけなら楽勝です。

しかし…

赤ちゃんとママ…です。

1時間もじっと講演をきくことは、なかなか難しい。

(難しい…というより無謀!?)

途中、実演で何冊も読んだり、絵本をつかっての体遊びを交えたりしますが、

赤ちゃんたちはじっとしていません。

まじめなママたちは、泣き声・ぐずりなどで周りの人に迷惑にならないように

奥の手までつかって、赤ちゃんを静かにさせようとしたりします。

「奥の手」

そう

授乳です。

*****

0~1歳への「絵本のよみきかせ」のお話の内容は、次のような感じです。

1)読み聞かせの目的

 *「親子で幸せな時間を過ごす」こと。

子どもが全身で甘えてくれるのは8歳くらいまで。よって、自分の人生の1/10しかないその時期を、絵本を使って親子で楽しい(シアワセな)時間を過ごしてほしい。親子でひとつもモノを見る(共視)ことは、親子の絆を深めるのにとてもよい。

 *子どもの個性を発見する。

自分の産んだ子供だからといって、自分と好みが同じとは限らない。
子どもがどんな絵本が好きか観察することにより、個性を認め、のばしてあげるように意識する。

2)絵本の選び方

  *カラフル&リズミカル&シンプル&繰り返し

  *どこのページから読んでも意味がわかる

以下、絵本の読み方、なぜ「もう1回読んで」とせがむのか、大切なこと(教科書にしない・おりこうさんを求めない・本は大切に扱う…など)を、お話しします。

0~1歳だけに絞っているので、ホントにシンプルで実践的な内容ばかりです。

さらーっとしゃべったら、20分くらいで終わってしまうくらいポイントを絞っています。

**************

ぐずる赤ちゃん、吐いてしまった赤ちゃん、動き回る赤ちゃん…

落ち着いた空気は望めません。

本日は、なんとかがんばって40分くらいもたせました。

う~ん。

親子で講座に参加してもらう…っていうのは、とても大変です。

1時間でなくても30分くらいで切り上げればよかったなぁ。

こういったタイプの講演は、11月に前橋でやることになっています。

少しでも進歩した講演ができるように、

もっと工夫をしなければ。

がんばらなくちゃ!

ちょっとへこんでいるハリーでした。

 

 

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

決戦は土曜日(予定)だが、しかし…

長男とのカラオケ対抗試合は

27日(土)になりそうです。

1000円いただくために

独りカラオケで数回練習をしてきましたが、

思うように点がでませんsad

Photo

あと1点が。

音程は90%超えてるんですがね。

音の高さが◎じゃないってところが、減点部分なんでしょうね。

ちなみに、

中森明菜のDESIREだとコチラ ↓

Photo_2

うーむ。

やっぱり、「昭和の歌」はだんぜん唄いやすいですね。

1000円もらえなくても、

90点出すまでがんばってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメジスト・ファンタジー

Photo

Photo_2

あしかがフラワーパークでは、

アメジスト・セージが満開です。

紫の波におぼれそうです。

もし、アメジスト・セージに強烈な香りがあったとしたら、

来園者は「花酔い」で、たいへんなことになるでしょう。

秋晴れの一日。

心がふっくら柔らかくふくらんだ、そんな気がしました。

あしかがフラワーパークの詳細はこちら

http://www.ashikaga.co.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハルキストや~い!

「ハルキストを探して」

なにやら小説のタイトルみたいですね。

10/11の夜6~7時にかけて、

私はハルキストを探して、メールを打ちまくっていました。

***

実はその日の4時頃に、J新聞の記者さんから

「ハリーさんの知り合いで、ハルキストいませんか?

ノーベル文学賞を取ったら、コメントをいただきたいんですよ」

とお願いされたんです。

「出来れば、学校の先生じゃなくて、

10~30代の若い人がいいなあ…

県内の人でお願いします」

なんて、けっこう贅沢な注文つき。

私自身は、村上春樹の作品を3つしか読んだことがなく、

なおかつ それほど熱狂的なファンでもない。

なおかつ、30代ではないのさ(笑)、

記者さんのご希望には全然そえないため、

人捜しを協力することにしました。

文学賞の発表は午後8時。

9時くらいまでに原稿を仕上げたいとのことで、

人捜しのタイムリミットはめちゃめちゃ短い!

まずは、「読書会」の人たちにメール。

そして、読み聞かせボランティアの仲間に一斉メール。

友達で、よく本を読む人にもメール。

大学生の息子にもメール。「友達にハルキストいない?協力してほしいんだけど」

30人くらいにメールをしたでしょうか。

誰からもよい返事は来ません。

やばい!8時になっちゃう。ハルキストや~い!

8時1分すぎ、記者さんから電話が。

「残念ながら、受賞ならずでした。ご協力ありがとうございました」

受賞できなかったことに対しては、ちょっと残念でしたが、

ハルキスト探しをしなくてよくなったことには、ちょっとうれしかった。

それにしても、

身近になかなかいないものですね。

*翌日、読み聞かせ仲間から「うちのダンナがハルキストです」と返事が来ました。

 来年までキープですわね。この人材。

以上、「ハルキストを探して」 by harry でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京駅!

121009_123846_2

1914年(大正3年)12月18日に開業した「東京駅」

2003年には国の重要文化財に指定されたそうです。(丸の内駅舎)

2007年からの保存復原工事もこの10月で終了し、

100年前の姿を私たちに見せてくれました。

テレビのニュースやCMでとても話題になっているため、

ミーハーは私は本日、見物に行って参りました。

121009_123056_3

ひとことで言うと、

「優雅」「荘厳」

見た目はとても古めかしく重厚な感じなのですが、

地下では免震ゴム&オイルダンパー

ドーム内のレリーフは強化剤含浸 など

最新の技術で支えられているそうです。

いやぁ…日本国の玄関としてふさわしい建物だとつくづく感じました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

エキナカには、たくさんのショップがあり、

おいしそうなものがてんこもり!

グルグル歩いているだけで、なんだか楽しくなっちゃったlovely

関東にお住まいの方。

ぜひ一度行かれてみては。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あと2点の壁 (カラオケ)

長男とのカラオケ勝負にそなえ、

今日、独りカラオケで練習してきましたkaraoke

課題曲 「ダイアモンド クレバス」

部屋に入っても、いきなりは唄いませんよ。

まずは原曲keyで唄えるかどうかのチェックpencil

う・・・・sweat01

最初の音からやけに高いcoldsweats02

とりあえず、そのまま通しで1回。

案の定、サビがひどい有様です bearing

2回目は、keyを一つずつ下げながら、自分にあったところを探す作業です。

なんと -3 でちょうど。ちょっと低すぎるなぁ。

無理に高い声をだして音程を外すよりは、低めでもきちんと音が追えるようにしないと、よき点数はでないのであります。

その後何度か歌って、初めての「採点」歌唱へ。

う~ん。

楽譜をダウンロードして練習したのに、音程が正確にとれてない。

よって、今回の最終的な点数はコチラ

Photo

音程が92%くらいになれば、もっと点数は上がると思います。

しかし、

このうた、難しいよ。

1000円とるには、もうちょっと研究しなければいけないです。

長男も「HOME」をがんばっているそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »