« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

ブックトーク講習会(報告)

11/30に市立図書館主催の 「初心者のためのブックトーク講習会」 があり、講師として行ってきました。

参加者は、約30名 (学校司書さん・読み聞かせ活動者・一般・公立図書館関係者など)

2時間の長丁場でしたが、みなさん、とても熱心に聞いてくださり、私も楽しくお話しすることができました。

その時の概要はこんな感じ。

*まずは、ブックトークとは実際にどんなものか知ってもらうために、実演から入りました。

1.「小1年生向けブックトーク(実演)」

  テーマ  『来年はセンター!!』

 来年の干支である“へび”をテーマに据えたブックトークです。

 AKB48のように、主役=センター としてみました。

 (“ヘビー(蛇)・ローテーション”…というダジャレも言っちゃったよ・笑)

 

 <紹介した本>

 絵本 「はなすもんか!」(宮西達也/鈴木出版

 科学 「ヘビのひみつ」(内山りゅう/ポプラ社)

 行事 「十二支のはじまり」(岩崎京子・二俣英五郎/教育画劇)

 神話 「やまたのおろち」 (舟崎克彦・赤羽末吉/あかね書房)

 童話 「へびとおしっこ」 (椋鳩十/理論社)

2.講義

  *ブックトークとは

  *ブックトークの目的

  *ブックトークの手順

  *留意点 (詳細は下↓にあります)

3.「学校での読み聞かせタイム」でもできるブックトークの実演

 続きのある絵本を読み聞かせることによって、

 児童に“自分で読みたい”と思わせよう…ということで、

 読み聞かせ後のミニ・ブックトークを実演しました。

 

 (読み聞かせ)「島ひきおに」(偕成社)

 (ブックトーク) 「島ひきおにとケンムン」(偕成社)

4.実習:

ブックトークは、なるべく多方面からの本を紹介するのがポイントなので、発想の柔軟さは選書する際にとても大切なんです。

そこで、参加者の方に「連想ゲーム」をやっていただきました。

テーマから連想する言葉・事柄を考える連想ゲーム 

 ☆「卒業」という言葉から思い浮かぶ言葉・事柄を30個書きましょう。

     

1冊の本から連想する言葉・事柄を考える連想ゲーム

 ☆昔話『ももたろう』から連想する言葉・事柄を20個書きましょう。 

*参加者の方に発表してもらいましたが、いろいろな言葉が飛び出してきて、とても楽しかったです。

たとえば、「卒業」から連想する言葉で、お年を召したステキな女性が 「ダスティン・ホフマンheart01」と言ってくださって、場がフワッと良い雰囲気になりました。

「第二ボタン」というのもあったなぁ…heart04

また、『ももたろう』から連想する言葉で、「トマト!」「侍!」な~んてのも出てきたよ。

5.ブックトークの留意点

  *紹介する本の冊数はあまり多くしない

  *紹介する方法は多方面から行う

  *子どもとのやりとりを大切に

  *ブックトーク終了後は、本を貸し出せるように

  *記録を作ること

6.「中学・高校生向けブックトーク」(実演)

  テーマ 「かけがえのない仲間とともに~渡り鳥~」

<紹介した本>

 絵本 『あーちゃん、海をわたる』(さくまけんじ/本の森)

 科学 『鳥たちの旅 渡り鳥の衛星追跡』(樋口広芳/NHK出版

 絵本 『風切る翼』 (木村裕一/講談社)

 小説 『スノーグース』(ポールギャリコ・矢川澄子/新潮社

 絵本 『スノーグース』(ポールギャリコ・片岡しのぶ/あすなろ書房

*『スノーグース』は、訳者ちがいで2冊紹介しました。

 傷ついた雁が引き合わせた孤独な画家と少女。哀しくも美しい愛の物語です。新潮社文庫から出版されている「矢川澄子訳」と、あすなろ書房による「片岡しのぶ訳」の2つを読み比べると、訳者によって、作品の雰囲気がこれほどまでに大きく変わってしまうのかと、驚きます。矢川訳は「です、ます調」の格調高く静謐な日本語で書かれ、登場人物は、やや野卑で純朴な感じ。一方、片岡訳は「だ、である調」の今風で、登場人物はなんとなくおしゃれで都会的なにおいがします。

一部分を読み比べて、その雰囲気の違いを参加者に伝えました。

7.「大人のみなさんへブックトーク」(実演)

 テーマ  「ホンモノ?ニセモノ?」

<紹介した本>

 絵本 『ぼく、ムシになっちゃった』(小峰書店)

 *カフカの「変身」にヒントを得て作ったそうな。本歌取りのところを見つけるのも楽しい。ムシになった男の子の結末やいかに!

 絵本 『3びきのかわいいオオカミ』(冨山房)

 *「3匹のこぶた」の完全なるパロディ。こぶたとオオカミが逆転!極悪面のこぶたは、これでもか!というくらいの攻撃力をもって、オオカミを襲う。果たしてオオカミは生き残れるか。

 実用 『ついていったら、だまされる』(理論社)

 *声をかけられたら必ずついて行き、相手のいうままに契約をして、そのレポートを書くことを生業にしている著者。支払う費用はすべて自腹だって!リアルすぎる詐欺の実態から現代社会の闇をみつめよう。

 美術 『キャット・アート』(求龍堂)

 *古今東西の名画がすべて“ネコ”で描かれているという画集。解説も大まじめ。今年大ブームとなった 『真珠の耳飾りの少女』は、ヨハネス・フェルネーコ作「真珠のイヤリングをした少女ネコ」と大変身。あなたのお気に入りの絵はあるかな?

 ミステリー 『月と虎』(理論社)

 *中島敦の「山月記」を下敷きにしたYA。“虎になった李徴”の息子が、なぜ父親が虎になったのか真相をさぐるための旅に出る。そして真実があきらかに!RPBっぽい作りなので、どきどきしながら読み進めます。

 小説 『5番目のサリー』(早川書房)

 *サリー、デリー、ノラ、ベラ、ジンクス。この本に登場する主人公です。5人?いいえ、実は1人。あとの4人はサリーの中にいる人格、つまり彼女は多重人格なんです。ハンサムな精神科医とともに人格を融合していくサリー。しかし、凶悪な性格のジンクスは、融合に最後まで抵抗し…。多重人格の治療法がとても興味深い1冊です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

終了後に、参加者の方々に感想をかいてもらいましたが、

その中ですごくうれしかったものがありました。

手前味噌ですが、紹介させてください。

「講師の話し方、表情で、本がとても楽しい物に変身しているような気がしました」

これ以上の讃辞はありません。この講習をするにあたり、かなり時間をかけて準備したので、その苦労が報われた気がしました。うれしかったなぁ。

気になったテーマ・本はありましたか?

リクエストがあれば、トークのシナリオを紹介いたしますね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

冬のエントランス・デコレーション

Cimg0413

雪の結晶&雪だるまです。

お客様に好評です(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »